アメリカ家探し

ハウスレントで検索すると一番に出てくるサイト。
http://www.rent.com/


最近起きた犯罪の場所、内容
?の項目が多いのが困る…
https://spotcrime.com/


性犯罪者の名前・顔写真・住所・勤め先が分かる
これで見るとミシガン湖沿いの高級住宅地にはやっぱり居なくて、逆にダウンタウン周りは…
http://www.familywatchdog.us/showmap.asp



地域の治安評価(crime欄)
https://www.neighborhoodscout.com/



今回は特に一番下のサイトを良く利用して家の場所を吟味しました。
(治安の良い所の真横は治安最悪…とか結構ある。笑)




我家的新居最優先事項

1.in-unit washer/dryer 
部屋の中に洗濯機・乾燥機がある事。
アパートによってはベースメントなどで共有…
わざわざ持っていくのも面倒だし、雰囲気も良くない所が多いらしいので絶対条件‼‼

2.リビング・ダイニングが南向き
30年以上南向きで生きていると、やっぱり太陽が入らない家は無理…
ちなみにアメリカ人方角にこだわる人は少ないので、指定する方が珍しいらしい。
むしろせっかくの南向きの家もひさしを付けて、日が入らないようにしてあったり…

3.シャワーがホース式
固定式好きじゃなくて…
固定式も簡単にホースに替えられるそうなので、自費でやって良いって言われればそれでも可。

4.職場からの距離
シカゴのお家は職場から車で2分‼
何かあった時にすぐ帰って来て貰えるから絶対的安心。

5.バスタブがある
シャワーだけの家も結構多いから…

6.お湯のタンク量が多い
アパートだから関係なかったけど、一軒家の大家族には死活問題らしい。
アメリカ人はほとんどお湯をはらないから、バスタブがあってもお湯タンクの量は考えられてないらしい。

7,トイレットペーパーの位置が適切(笑)
人んちいくと「遠すぎだろ‼‼‼‼‼」って突っ込むことが多い。
身体ひねって取るとか、ひどいのは一歩踏み出さなきゃいけないとか…嫌だよね。笑


その他、物件見学の時に気をつけて見たい点

・コンセント類の位置
・冷暖房含む家電の古さ(古すぎると電気代がバカ高い)
・シンクの下に水漏れの跡が無いか
・ゴミ収集の頻度
・ベースメントに浸水跡は無いか(壁にシミがあるらしい)
・公共料金は家賃に含むか

・川が近くにあるので氾濫した時、浸水しない高台か
・周りの家の雰囲気、落書きや家を守る為の高い柵などは無いか
・周りはどんな人種が歩いているか
・家の前は車で出やすい道路か(未だ左折は苦手です。笑)
・スーパーまでの距離


こ~んな事を思いながら行ったけど、実際はそこまで細かく見る必要もない位運命感じた家がありました。

広~い庭付き戸建て
2ベットに天窓付きジャグジー?

画像


作業場2部屋+謎のギャラリー。笑

画像


問答無用で入居申請。
しようとした前日にまさかの150ドルの値下げ\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/
シカゴ郊外でこの家に住むとしたら、確実に倍以上のお値段します。

もう、運命でしかないでしょ?

エージェントを通し、手続きを踏んでいきあと少しで決定…という所で…
「残念だけど、他の方に決まったらしいわ」という連絡(´;Д;`)(´;Д;`)(´;Д;`)

な、、、ぜ、、、、、?
絶対に我々の方が早く手続き開始してたのに…
いろ~~~~~んな可能性が考えられますが…考えないことにしましょ。。。




結局我々はタウンハウスにしました。

他にも2件戸建てを見ていたのに何故か?
どちらの家も暗い、汚い、洗濯機・冷蔵庫無い、古いわりに、高い、、、、などなど。

でもね、一番驚いたのは…

「ここの家は毎年1月に大家さんが地下に数日間住みます」

…へ!?何それ(;゚Д゚)(;゚Д゚)(;゚Д゚)(笑)
ネットにはそんなこと書いてないじゃ~~~ん‼‼‼
ま、書いたら誰も見にも来ないか……


つまり、タウンハウスしか選択肢が無かったのです。
まぁ現在アパート住人としては大家とのやり取り(特に何かの修理)は心配事だったので、結果的には安心できるし良かったのかな。




家探し注意点

本当に気に入った家があったら、引っ越し予定日前倒してでも、即対応すべし‼‼‼
ライバルがいそうなら家賃の値上げを言っちゃうのもあり‼‼
ネットに書かれていない条件がある場合もある。笑

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック