Perfumeライブに見る、日本人”らしさ”

行ってきました、Future Pop World Tour in Chicago ‼‼‼‼‼‼‼

画像





結構なチケットが売れ残り、これはヤバいやつかな…と思っていましたが。
蓋を開けてみれば、まぁまぁ埋まっている、というより、空席は端and2階後方なのでそこまで目立たない。
なんとか悲しい思いをさせずに済んだかな、という感じです。

画像


最前センターは日本からのガチ勢。
普段飛行機のマイル貯めてる人には超美味しいライブよね。
自分で席指定して買える、それも最前ブロックを日本より安く。最高か。

画像


前方は80ドル?だかの高額チケットなので、全体的にノリは良い。
後方は60ドル。もちろん僕らはこっち。初見さんも多く、棒立ちが多かった。

え?私??? 通路で歌いながら飛び跳ねてたよ☆☆☆

しかし、2年前のライブハウスに比べるとどうしても全体的な一体感とかが減ってしまう、、、
まぁ前回は売り切れだったから、それよりは売れ残ってでも大きな会場で一人でも多くの人に…てのは分かるが、初見さんが多いとその分盛り上がりにかけるから難しい…



今回は前回よりも日本人含むアジア人が多かった印象。
座席指定だったからか小学生くらいのお子さんも多く来場。Babyもいた。(アメリカ人からしたらなんで預けて来ないんだよ!?て感じだろうが。笑)

さすが日本人の皆様は早めの来場、早目の着席。
とりあえず会場内の写真をパシャパシャ。
あとは静かにその時を待つ…

そして最近の流行り 「日本人”らしさ”」ってやつ、私見つけましたよ‼‼
「周りがやってたら、やってもいい‼‼」精神\(^o^)/

開演前に何回かアナウンスされた「撮影禁止」 それもご丁寧に日本語と英語両方で。
もちろん直前に入って来た人は聞いてないから、仕方ないのでしょう。(特にアメリカ人にとって撮影は普通だし)

しかし、それを禁止事項だと分かりながらも撮る人の多さよ‼‼笑
「前の人も撮ってるし…」「隣の友だちが撮り始めたし…」そんな心の声ダダ漏れです。

別にね、撮る事自体は悪い事じゃないと思うの。もちろん今回は禁止されてたから悪い事なんだけど。
なんならそれをSNSにあげてくれるのも、個人的には嬉しい方なの。

ただね!!!!!!
最大限丁寧に言って……邪魔、その光がくそ邪魔。

後方から見ている人間にとって、その画面の光が演出を壊すの、知っといてください。
撮影可能のライブだったらそれこそ皆撮ってるし、気にならないんだろうけど、、、
会場の暗さを含めての総合演出なわけよね。
特に今回のライブの舞台、照明のシンプルさを見事に邪魔してくれてたわ。ありがとう。

と、テニス観戦の時動画撮り続けて「次やったら退場させるぞ、F〇ck‼‼」並みに注意された女が自分を棚に上げての発言でした。



もちろんライブ自体は、いつも通りめっちゃ楽しかったし(楽しむかは自分次第な訳だが。笑)、「また来るね」の言葉を信じて良い子で次を待ちます。
やっぱり日本じゃ考えられない距離感で見られるライブ、最高\(^o^)/

"Perfumeライブに見る、日本人”らしさ”" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント